塗料について

塗料の種類

塗装する条件や、住宅のお悩みに合わせ、最適な塗料を選びましょう

一口に塗料といっても、その種類は多岐に渡ります。アステックペイントでは、住宅の条件やお悩みに合わせて最適な塗料を選べるよう、様々な素材、性能を持った塗料をご用意しています。

水性塗料と溶剤型塗料

アステックでは、水に溶かした水性塗料と、揮発性の有機溶剤に溶かした溶剤型塗料を取り扱っています。

※一部例外があります。

水性塗料と溶剤型塗料の違い

一般的に溶剤型塗料の方が耐候性、密着性に優れているというイメージが定着していますが、水性塗料も技術革新により、大きく機能が向上しています。どちらも一長一短がありますが、同じ樹脂で比べればほとんど差はありません。目的・用途にあった塗料を選定することをおすすめします。

樹脂の種類

耐候性は樹脂の種類によって左右される傾向にありますが、アステックペイントでは『住宅を保護する』という一貫した観点のもと、各樹脂の特徴を活かしながら、耐候性にも優れた塗料の開発に力を入れています。詳しくは、塗料の耐候性をご覧ください。

塗料の耐候性はこちら

無機

特徴:無機とはガラス・鉱石などの化合物のことで、紫外線に対して優れた耐候力を持つ。
デメリット:コストが高めで、塗膜が硬いために表面にひび割れが起こることがある。

ピュアアクリル

特徴:高耐候性でありながら、防水に必要な高弾性を有している非常に優れた塗料。
デメリット:トータルメリットは大きいがコストは高め。純度の高い樹脂を使用した水性塗料の為、冬場の施工は工期がかかる。

フッ素

特徴:耐候性を優先する方にオススメ。長期間にわたり変退色、艶引けがなく、耐候性において最高レベル。
デメリット:コストが高めで塗膜も硬い物が多く、ひび割れしやすいので注意が必要です。

シリコン

特徴:価格と機能のバランスが良い塗料。カラーバリエーションも豊富。
デメリット:次の塗り替え時期までの十分な耐候性がなく、建物を守り続けるのに不十分な場合もある。

ウレタン

特徴:一般的によく使われる塗料で価格と機能のバランスが良い塗料。
デメリット:耐候性が劣るので長期的な外観保持には不向き。

※耐候性はあくまで目安です。同じ樹脂の種類でも、メーカーや製品の種類が変わると耐候年数も異なります。
※耐候年数は、気候・温度・立地などにより変化します。

特別な機能

アステックペイントでは、建物に施工するだけで様々な効果を発揮する機能性塗料も多く取扱いしています。

防水性塗料

建物の劣化現象の多くが、水の浸入が原因となっています。
防水性塗料は、特殊な伸びる塗膜が建物の隙間から水が浸入するのを防ぎます。
例:EC-100F、EC-5000PCM(IR)

防水性塗料はこちら

遮熱塗料

真夏の太陽光線により、屋根や外壁表面温度は50℃~80℃にも達します。遮熱塗料は、反射率の高い顔料などを配合することで、温度上昇の原因となる近赤外線を効果的に反射します。
例:EC-100F、EC-5000PCM(IR)

遮熱塗料はこちら

防カビ塗料

沿岸部などの湿気の多い地域では、カビ・藻の発生が建物の劣化、美観低下の原因となることがあります。防カビ塗料は、カビの繁殖を抑え、住宅の外観を美しく保つことが可能です。
例:アステックプラスS/Y/A

防カビ塗料はこちら

塗料選びのポイント

住宅の素材に適した塗料を選ぶのはもちろんですが、ご自宅の抱えている「悩み」を解決してくれる塗料かという点も大切なポイントです。
様々な性能、機能を持つ塗料がございますので、各種製品情報を確認されるほか、アステック製品お取り扱いの施工会社と相談され、最適な塗料を選択してください。

  • オーストラリア本国サイト
  • チャレンジ25キャンペーン
  • 外壁塗装・屋根塗装のプロタイムズ・ジャパン

COPYRIGHT ( C ) ASTEC PAINTS JAPAN INC. All Rights Reserved.