機能で探す(LP)

  • HOME
  • 低汚染塗料

超低汚染リファイン

超低汚染リファインシリーズ シリコン樹脂の特徴

建物の「美観保持機能」に特化した超低汚染塗料。さらに、優れた遮熱性や耐候性を持ち併せており、塗布することで様々な効果を発揮する多機能塗料です。

超低汚染リファインシリーズが実現する3つのメリット

1 美観性

汚れにくく、美観を長期間保つ

超低汚染性

塗膜表層コーティング技術により塗膜表面の汚れの付着を防ぐ。

超低汚染リファインシリーズは「塗膜表層コーティング技術」により、塗膜の密度が高く親水性(水になじみやすい性質)に富んだ塗膜を形成する塗料です。塗膜の密度が高いため、汚れが定着しにくく、また付着した汚れもセルフクリーニング効果により雨水が洗い流すため、美観の長期間保持に貢献します。

汚れの付着を防ぐメカニズム

超低汚染性を実現した「塗膜表層コーティング技術」とは

塗料中に配合した親水化剤が塗膜全体に配置されることにより、低帯電性で密度の高い親水性塗膜表面を形成する技術、それが「塗膜表層コーティング技術」です。
この技術により表面の密度が高くなるとともに親水性が向上し、汚れの付着を防ぐ超低汚染性の効果を維持することができるのです。

「塗膜表層コーティング技術」

汚染性比較実験

塗膜表面をカーボンブラック分散水(排ガス等の成分)にて汚染させた後水で洗浄し、汚染前と汚染後の明度の差を計測しました。その結果、超低汚染リファインシリーズは他社の塗料と比較し、明度の低下が非常に小さく、低汚染性に優れていることが確認されました。

防汚材料評価促進試験(Ⅰ)

防汚材料評価促進試験(Ⅰ)

防カビ・防藻性

カビや藻の発生を抑え、長期間の美観保持に貢献。

「JIS Z 2911 かび抵抗性試験」および「藻抵抗性試験(※社内試験)」に合格。
カビや藻の発生を抑制し、長期間美観を保持します。

培養4週間後の様子

2 遮熱性

夏涼しい

太陽光の波長のうち温度上昇の主原因となるのは近赤外線。
超低汚染リファインシリーズは遮熱無機顔料の使用により、退色しにくく、近赤外線を効果的に反射する塗膜を形成。
室内の温度上昇を抑え、屋内環境の快適化に貢献します。

遮熱性比較実験

さらに、優れた超低汚染性を持続することで、長期間にわたり遮熱効果を発揮し続ける、遮熱保持性を実現しました。

一般の遮熱塗料は経年とともに付着した汚れが熱を吸収するため、徐々に遮熱効果が低下してしまいます。 超低汚染リファインシリーズは、塗膜表面が汚れにくい超低汚染性を持つ塗料であるため、汚れによる熱の吸収を防ぎ、長期間経過しても、一般の遮熱塗料に比べ、遮熱性能を保持し続けます。

遮熱保持性比較

遮熱保持性比較実験

塗膜表面をカーボンブラック分散水(排ガス等の成分)にて汚染させた後、水で洗浄し、汚染前から汚染後への日射反射率を計測しました。その結果、超低汚染リファインシリーズは他社の塗料と比較し、日射反射率保持率が非常に高く、遮熱保持性に優れていることが確認されました。

防汚促進試験(Ⅰ)

3 耐候性

長持ち

高耐候性

塗料の最大の劣化原因である紫外線に対して、フッ素塗料同等の強い耐候性を発揮します。

促進耐候性試験(キセノンランプ式)において、4500時間が経過しても光沢保持率80%以上を保持。約12~15年相当の耐用年数が実証されています。

※あくまで試験環境下にもとづく推測値であり、耐候性を保証するものではありません。実際の自然暴露環境下では、下地の状態、施工方法、気象条件により耐候性は異なる場合があります。

耐候性比較

強い結合力を持つ2液型シリコン樹脂の採用により高い耐久性を実現

超低汚染リファインシリーズのアクリルシリコン樹脂は、紫外線などの劣化要因に強い無機質の『シロキサン結合』を増加させ、紫外線による破壊ポイントを可能な限り減らすことで、一般的なアクリルシリコン塗料よりはるかに高い耐候性を実現しました。そして強化剤は、高濃度のシロキサンで構成されており、劣化要因への耐性を実現。この強化剤がアクリルシリコン樹脂同士を強固につなぐことで更なる耐候性の向上を実現しました。

超低汚染リファインシリーズの塗膜イメージ図(乾燥後)

塗料樹脂の劣化因子であるラジカルの発生を抑制し劣化の進行を抑える顔料を使用

一般塗料の顔料の主成分「酸化チタン」は、紫外線・酸素・水の影響を受けると塗膜樹脂の劣化因子『ラジカル』を発生し、周囲の樹脂を破壊させてしまいます。 超低汚染リファインシリーズは高耐候形白色顔料を使用し、ラジカル抑制層でラジカルの発生を抑制。劣化の進行を抑えることができます。

ラジカル制御型塗料

可とう性

柔軟性と強度を兼ね備えた塗膜が下地の動きに対応し、表面にひび割れが起こりにくい。

超低汚染リファインシリーズは優れた「可とう性(柔軟性)」を持つ塗料です。柔軟性を有することで、下地の動きなどにも塗膜が対応するため、塗膜表面のひび割れが起こりにくく、劣化の進行を抑えます。

可とう性(柔軟性)

硬度と柔軟性を兼ね備えた「コア・シェル構造」の採用により樹脂が破壊されにくい

超低汚染リファインシリーズのシリコン樹脂は、コア層とシェル層の2層からなる樹脂です。コア層(核部分)は柔軟性を有しており、シェル層(コアの周囲を覆う部分)は高い硬度を有しているため、建物の揺れなどにより樹脂に衝撃が加わった場合でも、柔軟性に優れたコア層が力を吸収します。 そのため、樹脂粒子が破壊されにくく、劣化の進行を抑えることができます。

外部から衝撃が加わった時の樹脂粒子のイメージ図

超低汚染リファインシリーズ製品ラインナップ

超低汚染リファイン500Si-IR

超低汚染リファイン1000Si-IR

  • オーストラリア本国サイト
  • チャレンジ25キャンペーン
  • 外壁塗装・屋根塗装のプロタイムズ・ジャパン

COPYRIGHT ( C ) ASTEC PAINTS JAPAN INC. All Rights Reserved.