対応素材

塩化ビニル製雨樋

塩化ビニル製雨樋

塩化ビニル製雨樋とは?
塩化ビニル製雨樋は現在、日本で最も多く使われている樋の材料です。塩ビ雨樋が普及する以前は銅製やアルミや合金製の樋がありましたが、高コストなため現在では安価で軽量な塩化ビニル製が多くの住宅で使用されています。 また、色やサイズ、形や材質が豊富なので人気もあります。

劣化症状

●ひび割れ
●変色
●変形

注意点

塩化ビニル製雨樋は寒暖による伸縮があり、長年使用すると硬化し、割れやひびが生じやすくなります。 また表面の耐久性も低いので紫外線に長期間当たると劣化し、カビ・苔の発生につながります。そうならないためにも早めのメンテナンスが必要です。

アステックペイント対応製品
  • オーストラリア本国サイト
  • チャレンジ25キャンペーン
  • 外壁塗装・屋根塗装のプロタイムズ・ジャパン

COPYRIGHT ( C ) ASTEC PAINTS JAPAN INC. All Rights Reserved.