対応素材

吹き付けタイル

吹き付けタイル

吹き付けタイルとは?
吹き付けタイルとは外壁仕上げ材の1つで、一般的に完成までに3工程を要するので複層模様吹き付け仕上げとも呼ばれる外壁仕上げ材です。主に合成樹脂などの結合材とけい砂、寒水石、軽量骨材などが主原料で、安定性のある外壁仕上げ材です。
また、凸凹模様が基本ですが、ローラータイル模様や押さえ模様もありカラーや光沢などのバリエーションが豊富であることから現在では人気がある外壁仕上げ材です。また、弾性タイプの吹き付けタイルはひび割れしにくいという特徴をもっています。

劣化症状

チョーキングの症状例

●カビ・藻の発生
●チョーキングの発生
●塗膜の剥離
●ひび割れ
●骨材の剥落

注意点

吹き付けタイルの耐久性は上塗材の種類に依存します。最近では耐久性の高い上塗材も出てきていますが、耐久性の低い上塗材が使用されていて劣化が早い場合があります。 その場合、定期的なメンテナンスが必要で、コストが掛かってしまうところが短所と言えます。 比較的安価な硬質タイプは、ひび割れが生じることがあり、また弾性タイプについても、やわらかさを持続できる年月には限りがあるので、固くなってしまうとひび割れが生じてしまいます。

アステックペイント対応製品
  • オーストラリア本国サイト
  • チャレンジ25キャンペーン
  • 外壁塗装・屋根塗装のプロタイムズ・ジャパン

COPYRIGHT ( C ) ASTEC PAINTS JAPAN INC. All Rights Reserved.