対応素材

波形スレート

ALC

波形スレート屋根とは?
古い波形スレート屋根に含まれているアスベストは建設資材だけでなく、様々な用途に広く使用されてきました。しかし、空中に飛散した石綿繊維を肺に吸入すると約20年から40年の潜伏期間を経た後に肺癌や中皮腫の病気を引き起こす確率が高く、日本では1975年(昭和50年)9月に吹き付けアスベトの使用が禁止されました。2004年までに石綿を1%以上含む製品の出荷が原則禁止されています。また、大気汚染防止法で特定粉じんとして工場・事業場からの排出発生規制され、廃棄物処理法では飛散性の石綿の廃棄物は一般の産業廃棄物よりも厳重な管理が必要となる特別管理産業廃棄物に指定されています。

劣化症状

ひび割れの発生

波形スレートを使った屋根は現在多くがまだ使用されていますが、老朽化等により以下のような問題が生じていることが指摘されています。
●表面の風化、減耗による屋根材としての耐力の低下
●スレートの割れ、反り、あばれ、ズレ等による漏水の発生
●ほこり、ボルトからの錆による表面の汚れによる美観低下

注意点

古くなったスレートは以下の改修方法があります。
●塗装工法
●カバー(かぶせ)工法
●葺き替え工法

どの工法もメリット・デメリットはありますが、塗装工事は一番安価でできる改修方法です。しかし、洗浄ができないため、通常の塗装工法では改修ができません。

アステックペイント対応製品
  • オーストラリア本国サイト
  • チャレンジ25キャンペーン
  • 外壁塗装・屋根塗装のプロタイムズ・ジャパン

COPYRIGHT ( C ) ASTEC PAINTS JAPAN INC. All Rights Reserved.