暑さ対策をしたい方へおすすめ

遮熱塗料〜室内環境を快適に〜 スーパーシャネツサーモF / スーパーシャネツサーモSi 超低汚染リファイン1000MF-IR / 超低汚染リファイン1000Si-IR

毎夏の建物に入ったときのまとわりつくようなこの暑さ…嫌ですよね。

夏に室内が暑くなってしまうのはなぜでしょうか?

暑くなってしまう理由

太陽光の熱と、外気温から伝わる熱の2種類により
室内温度が上がってしまうのです。
解決!

遮熱塗料はその「暑さ」を低減するお手伝いができます。

遮熱塗料が熱をシャットアウトしている図

遮熱塗料を塗装すると
屋根・外壁の表面温度、裏面温度の上昇を抑えることに
より、室内温度の上昇を抑えることができるのです。

遮熱塗料のメカニズム

遮熱塗料に含まれる遮熱顔料が、太陽光の波長のうち温度上昇の原因とな
る近赤外線を効果的に反射し、室内の温度上昇を抑えます。

真夏は表面温度が60℃まで上がることもある屋根。

天井を通り抜けて熱さが伝わる2階の部屋は特に暑いと感じたことが
ある方も多いのでは?

遮熱塗料で屋根表面の熱を反射し、快適な家づくりをしていきましょう。

スーパーシャネツサーモシリーズ
屋根にオススメの塗料はこちら!

特殊無機顔料を使用した屋根用遮熱塗料 スーパーシャネツサーモシリーズ

特殊無機顔料を使用することにより、
高い日射反射率で、屋根の温度上昇の原因となる
近赤外線を効果的に反射します。
顔料別平均日射反射率
スーパーシャネツサーモシリーズの顔料別平均日射反射率効果グラフ

実際の現場でも効果が確認されています

遮熱性比較

物件データ
  • 所在地:福岡県筑後市
  • 色:9112 エバーグリーン
  • 施行日:2016年6月29日
  • 外気温:29℃
サーモグラフィーにて撮影
表面温度比較
近赤外線を吸収し、温度上昇しやすい緑系の色でも、
屋根表面で未塗布部分と比較して15.7℃の差が出ました。
さらに!スーパーシャネツサーモシリーズは様々な機能を持つ高機能塗料です。

高耐候性 スーパーシャネツサーモシリーズは
従来のフッ素・シリコン塗料を凌ぐ高い耐候性を実現しました。

屋根は紫外線や雨などの過酷な環境に曝されている分、 外壁以上に劣化しやすい箇所です。
だからこそ、劣化に強く、高い耐候性を持つ高グレード の塗料を使用することが重要です。

※あくまで試験環境下における実測値であり、耐候性を保証するものではありま
せん。実際の自然暴露環境下では、下地の状態、施工方法、気象条件により耐候
性は異なる場合があります。
耐候性比較

変色・退色しにくい スーパーシャネツサーモシリーズは
色あせしにくく、塗り替え後の美しい屋根色を長期間維持します。

一般的な遮熱顔料は有機顔料を混色して色を作っており、この有機顔料が紫外線により破壊されることにより、
屋根色が『変色』『退色』してしまいます。

スーパーシャネツサーモシリーズは紫外線の影響を受けにくい特殊無機顔料を使用しているため、屋根色の変化
が起こりにくく、塗り替え後の美しい色彩を長期間維持します。

さらに高品質な遮熱塗料をお求めの方にはこちら

無機ハイブリッドコートJY-IR

期待耐用年数20年以上!
フッ素を凌ぐ超耐候型屋根用遮熱塗料
無機ハイブリッドコートJY-IR

劣化に強く汚れにくい無機のメリットに、柔らかく割れにくい
有機のメリットをプラスした最強塗料。
遮熱性に加え、フッ素を凌ぐ超耐候性と柔軟性を持ち合わせた
屋根用遮熱塗料です。
※無機とは:「炭素を含まない化合物」でガラスや鉱石などの
ように、紫外線により分解されない結合をもつもの。

実際の現場でも効果が確認されています

施工後外気温が1℃上昇した際に屋根表面温度は16.9℃
下がりました。

遮熱性に加え、超耐候性も実現

無機ハイブリッドコートJY-IRは促進耐候性試験
にて800時間(期待耐用年数20年相当)を経過し
ても光沢保持率を80%維持。
フッ素を凌ぐ高い耐候性を実現しました。

暑さは屋根からだけでなく外壁からも侵入してきます。外壁にも遮熱塗料でより遮熱対策を!

超低汚染リファインシリーズ
外壁にオススメの塗料はこちら!

遮熱保持性を実現した超低汚染性塗料 超低汚染リファインシリーズ

現在、外壁用にも「遮熱塗料」と謳われるものは多くあり
ますが、一般の遮熱塗料は経年とともに付着した汚れが
熱を吸収するため、徐々に遮熱効果が低下してしまいます。
超低汚染リファインシリーズは塗膜表面が汚れにくい
超低汚染性を持つ塗料であるため、
汚れによる熱の吸収を防ぎ、長期間経過しても、 一般の遮熱塗料よりも遮熱効果を持続させることができます。

比較試験でも効果が確認されています

遮熱保持性比較試験 防汚材料評価促進試験

塗膜表面をカーボンブラック分散水(排ガス等の成分)
にて汚染させた後、水で洗浄し、汚染前から洗浄後の
日射反射率保持率を計測しました。

その結果、超低汚染リファインシリーズは他社の遮熱塗
料と比較し、 日射反射率保持率が非常に高く、遮熱保持
性に優れていることが実証されました。

さらに!超低汚染リファインシリーズは遮熱機能に加えて様々な機能を持つ高機能塗料です。

超低汚染性 超親水性(水がなじみやすい性質)の塗膜で、汚れが定着しづらく、
汚れが付着しても雨水が洗い流すことで外壁の美観を長期間保持します。

屋外暴露試験の結果、一般低汚染塗料や光触媒塗料と比較して、雨筋汚れがつきにくく、塗り替え後の美しさを
保持することが確認できました(下写真参照)。
屋外暴露雨筋試験8ヶ月後比較

高耐候性 塗料の劣化要因である紫外線・雨・熱に対して、
従来のシリコン・フッ素塗料を凌ぐ耐候性を発揮します。

促進耐候性試験(キセノンランプ式)において、Siシリーズは4500時間(耐用年数約15~18年)、MFシリーズでは
6000時間(耐用年数約20~24年)が経過しても光沢保持率80%以上を保持します。
耐候性比較

一般塗料と遮熱塗料の差を比較!遮熱実験

遮熱塗料を塗ることで外壁も屋根同様に温度を抑えることができるのか
一般塗料を塗装した板と遮熱塗料を塗装した板の温度変化を比較しました。

試験方法

夏場の平均湿度77%の環境下にて、サイディング版に一般塗料とアステックペイントの遮熱塗料 超低
汚染リファインシリーズをそれぞれ塗装したものに同量の光源を照射し経過観察。

夏場、サイディング板は60~70℃程まで上がるため、その温度付近に達したところで温度差を測定。
塗料色は外壁によく使用される茶系を使用(アステックペイント外壁用標準色:モカ)。

実験1 表面の温度を比較

表面温度では 10.9℃の差が出ました

実験2 裏面の温度を比較

裏面温度でも 5.4℃の差が出ました

実験3 サーモグラフィー比較

サーモグラフィーでも効果は歴然!!

サーモグラフィーカメラで撮影したところ、
遮熱塗料の超低汚染リファインシリーズを塗装した板の方
が熱を持っていないことが証明されました。
遮熱塗料を塗ることで、外壁の表面温度・裏面温度の上昇を抑え、
室内温度の上昇を抑えることができるのです。