• 説明会情報
  • マイナビ2020

今の自分を塗り替えろ!自ら明日を切り拓く次世代を担う男達

自分の手で未来を切り拓く。
アステックにはそんな男性社員が多数在籍中!

それぞれの意志を持ち、情熱を持って働くアステックの男たちを紹介します!

生産部

入社:2015

出身大学:長崎大学工学部工学科

菅 祐輔

写真

キャリア紹介

2015年4月1日
入社、生産部(第一工場)配属
2016年8月
2等級(一般格)へ昇級
2018年7月
3等級昇格試験を受験

人生年表

CHECK!!
高い目標を持って本配属
研修中に学んだことを生かして
自身の成長のため積極的に業務に取り組んだ!
CHECK!!
入社6ヶ月
なかなか業務に慣れずミスを連発
生産部は作業メインであることから初めのうちは
ミスが頻発し迷惑をかけることが多かった
CHECK!!
入社1年
初めてクレームを発生させ、自信を失う
慣れ始めた頃、自分が原因でクレームを起こしてしまい
自分の能力に対して自信を失いかけた
CHECK!!
入社4年
昇格試験の受験が認められ、モチベーションが向上!
3等級への昇格試験受験が認められ、自身の成長のため、
より業務に対して強い責任感を持つようになる
CHECK!!
3等級主任となりより高いレベルで業務を行う
1つの任される業務を持ち、今まで以上にリーダーシップと
責任感を強く持ち、部を良い方向へ導くために貢献する
菅 祐輔の社員インタビューを見る!
菅写真

やりたいことを本気でやる。真剣に。

入社の決め手は?
「人」です。私は会社を選ぶときに「どのような人が働いているのか」を特に見ていました。アステックの会社説明会に行った時、「一人一人が毎日自分で目標を立て、与えられた仕事以外にも自ら取り組んでいる」と、社員が生き生きと話してくれました。目標に向かって自分を高めようと言う意欲のある人ばかりで、この人達となら、若いうちからスキルを身に付け、成長していけると確信しました。
アステックの社員に惹かれた菅さんですが、実際に入社してみてどうでしたか?
入社前とのギャップもなく、毎日充実しています!もちろん初めは、目の前の仕事をこなすことで精一杯でした。その中で、だんだん視野が広がっていき、半年、数年先のことを考えて「もっとこうしたい!」という気持ちが湧いてきて、自分で目標を決めたからには達成する!という熱意をもてるようになりました。人が決めた内容にただ従うのではなく、より良くする為に、自分が思う理想の仕事のやり方や環境を実現していきたいと思います!
菅さんのこれからの目標を教えてください!!
会社の要である生産部の活動は、今後も国内外問わず広がっていく予定です。そのリーダーを担える人財になることが今の一番の目標です。
もし今までと異なる環境で新たな経験を積む機会を得られれば、それは私にとって転機になるはずです。それこそが、自分のキャリアアップの一番の近道だと思います。
今は福岡で、自ら多くの学びを得ていち早くリーダーとして期待される人に成長していきたいです。
インタビューを閉じる

技術開発本部開発課

入社:2015

出身大学:熊本大学自然科学研究科

諸熊 透

写真

キャリア紹介

2015年4月1日
入社、技術開発本部開発課(第二工場)配属
2016年8月
2等級(一般格)へ昇格
2018年2月
3等級(判断職)へ昇格

人生年表

CHECK!!
入社
やる気満々!
目指していた念願の技術開発部に配属!
CHECK!!
入社8ヶ月
初めての製品開発!
大変だったけど達成感が半端ない!
次の製品改良も楽しみ!
CHECK!!
入社1年10ヶ月
開発テーマ変更
担当していたテーマが形になってきたので後輩にバトンパス
最後までやり遂げたかった…
CHECK!!
入社2年9ヶ月
3等級合格!
人として大きく成長できモチベーションアップ!
CHECK!!
新製品を出す
今までにない製品を…業界初の〇〇を達成する
諸熊 透の社員インタビューを見る!
諸熊写真

新しい発見を楽しみながら、
お客様を感動させ続けたい!

どうしてアステックを選んだのですか?
実は、私が就活中に興味があったものは、塗料ではなくゴム製品でした。私はものづくりをしたかったのですが、その中でもゴムは色々な形に変形するし、面白いものが作れるかもしれない!と思っていたからです。ですが、アステックの「伸びる塗料」の存在を知り“ゴムのような性質をもった塗料って面白い!”と思ったことが決め手になりました。また、私が入社する時、開発部署は立ち上げ段階でした。だからこそ、“若いうちから開発に携われる!”と思い、アステックに入社を決めました。
開発部署で仕事をする上で、大事にしてきたことはありますか?
実際にアステックの塗料を使用された「お客様の声」をたくさん聞くことですね。どんなに良いものでもお客様が気に入らなければ意味がないからです。塗料は一度開発しただけで終わりではなく、さらに良くするために改良し続けることが大切です。そのため、コストパフォーマンスも見ながら、お客様の要望をいかに取り入れられるかを日々模索しています。
この”改良“という仕事からは、次の新製品開発のヒントをたくさん得られました。また、新製品の仕事からは、得た経験と知識を生かして、今までにないものを開発していきたいです。
技術職を目指す学生はたくさんいます。そんな学生が学生時代にやっておけばためになることはありますか?
どんなことへも自分から興味を持つことですかね。学校で行う研究ももちろん大切ですが、日常の何気ないことに興味を持って、自分から調べることも大事だと思います。開発という仕事は「なんで?」の繰り返しです。何でもすぐに調べて考える癖があると強みになりますよ。
私は大学時代、研究室のメンバーと休憩中に持ち寄った雑学を言い合う「雑学大会」をしていました。日常で楽しく、興味関心を持つきっかけがあるといいですね。
インタビューを閉じる

商品部名古屋営業所

入社:2015

出身大学:九州産業大学経済学部経済学科

瓜生 峻輔

写真

キャリア紹介

2015年4月1日
入社、商品部大阪営業所配属
2016年8月
2等級(一般格)へ昇格
2018年2月
3等級(判断職)へ昇格、大阪営業所副所長へ昇進
2019年2月
名古屋営業所所長代理へ昇進

人生年表

CHECK!!
入社
成りあがるぞ!
CHECK!!
入社6ヶ月
営業の理想と現実のギャップに戸惑う
CHECK!!
入社1年
自身が獲得した新規で売上が上がる
CHECK!!
入社2年6ヶ月
3等級主任昇格
CHECK!!
名古屋営業所の所長になる!
瓜生 峻輔の社員インタビューを見る!
諸熊写真

広い視野と行動力で、関わる人を幸せに

何故、瓜生さんは数ある職種の中から営業職を志望したのでしょうか?
私は、学生時代にアパレルのバイトをしていました。当時から人と話すのが好きで、お客様のために何かを提案し、喜んでいただくことに幸せを感じていました。社会人になっても自らの提案でお客様に喜んでいただける仕事がしたいと思い、営業という仕事を志望しました。現在、入社4年目で名古屋営業所の所長代理として責任ある立場を任せていただいています。これは、お客様に喜んでいただくことを第一に考えて営業してきた結果だと思っています。これからは責任ある立場として、より広い視野を持ち、営業所の皆がやりがいを感じることができる環境を作ることが私の目標です。
現在仕事が出来る人として、社内で必ず名前が上がる瓜生さんですが、入社当時から仕事が出来たんですか?
そんなことはありません。苦手なこともたくさんあります。特に入社当初は物事を数値化して考えることが自分の弱みでした。ですが、弱みを克服することよりも先に、「強みを活かす方法」を磨いてきました。
また、1つ言えることは、1人で仕事が出来るようになった訳ではなく、周りの環境に支えられて自分自身成長してきたということです。「仕事が出来る」と言われることは嬉しいですが、周りの方々がいたからこそ、今の私があると思います。
瓜生さんからは成長したいという強い意欲が感じられます。そのように高い意欲を持ち、成長し続けるために、自分に言い聞かせていたことはありますか?
右も左も分からない入社1年目の時から、とにかく「がむしゃらに量をこなすこと」を実行し続けてきました。また、1番になることにもこだわり、訪問件数や、新規契約の獲得数はトップを狙い続けました。
そして2年目からは量だけではなく質も意識し始めました。
そこで改めて実感したのが、こなした「量」と成果の「質」は比例するということです。それは、量をこなした分経験値が上がり、物事の捉え方や思考の幅が広がるからだと思います。より高みを目指すために、これからも量をこなすことは厭いません。
インタビューを閉じる

商品部大阪営業所

入社:2016

出身大学:北九州市立大学国際環境工学部環境生命工学科

清水 大地

写真

キャリア紹介

2016年4月1日
入社、商品部大阪営業所配属
2017年8月
2等級(一般格)へ昇格
2018年7月
3等級(判断職)昇格試験を受験

人生年表

CHECK!!
入社
どんどん成長したい!
CHECK!!
入社8ヶ月
単独訪問・担当を持つ
CHECK!!
入社1年6ヶ月
3等級を早く受験したい
CHECK!!
入社2年3ヶ月
3等級昇格試験開始!
CHECK!!
3等級合格
副所長を目指す!
清水 大地の社員インタビューを見る!
清水写真

楽しく働きたい!を追い求めて

入社の決め手を教えてください。
毎日楽しく働けると思ったからです。
私の就職活動の軸は、職種や勤務地、給料、福利厚生などの条件面ではなく、“学生時代に学んだ理系分野での力を活かせるか”、“楽しく働く未来の自分の姿を想像できるか”の2つでした。
そんな中、アステックの「楽しくなければ仕事じゃない」という理念を見て、自分の考えと合致しているという意味で「ここだ!」と思いました。
そしてもう一つ、私は、この先40年以上働くことを考えると、インターンや面接だけで会社を判断したくありませんでした。そこで、気になった会社には、会社の雰囲気を見学させて頂けないかお願いをしていました。多くの会社で断られましたが、アステックペイントは私の気持ちに応えスピード対応で、職場体験を1日させてくれました。
このような会社の姿勢に惹かれたことも入社を決めた理由の1つです。
今でも「毎日楽しく働きたい」という気持ちは変わっていません。
日々目標を立て、それを達成することに楽しさを感じています。
これからも目標達成に向けて日々仕事に取り組んでいきます。
仕事に対するモチベーションは何ですか?
自身を成長させたいという気持ちとそれを評価してくださる環境があることです。
営業という仕事は、勉強になることが本当にたくさんあります。
例えば、気遣いや話し方、プレゼン方法、クレーム対応など様々です。
これらはどんな場面でも役に立つ内容です。
自身が毎日成長していると実感できるので、これまで仕事に行きたくないと思ったことがありません。
また、成りたい姿や、挑戦したいことがあってもアウトプットできなければ、やりがいもモチベーションも上がりません。
しかし、当社は部長や所長にまで、立場関係なく接することが多く、沢山のことをアウトプットできます。評価される機会も増えるので、モチベーションにも繋がります。
今後の目標と達成に向けてやることを聞かせてください。
直近の目標では来年には副所長、次に所長になっていきたいと思っています。
しかし、ただ上の役職を目指すだけではなく、自分の幅を広げるためにその時々で、様々な仕事に挑戦したいと考えています。
ずっと同じ仕事をするだけでは、モチベーションも上がらず、私の一番大事にしている「楽しく働きたい」という気持ちに応えることが出来ません。まだ自分の知らない仕事の楽しさを追求するために、自身が成長できる環境があればどんどん飛び込んでいきたいです。
インタビューを閉じる

技術開発本部技術品質課

入社:2016

出身大学:長崎大学大学院工学系研究科総合工学専攻

川尻 源一郎

写真

キャリア紹介

2016年4月1日
入社、生産部(第一工場)配属
2017年8月
2等級(一般格)へ昇格
2018年1月
技術開発本部技術品質課へ異動
2018年7月
大阪へ転勤

人生年表

CHECK!!
入社
やるき満々!!
CHECK!!
入社6ヶ月
同期との差、出来ない自分に苛立ちを感じる
CHECK!!
入社1年6ヶ月
自分のやりたい仕事とは…と悩みだす。
やっぱり製品開発、技術的な事に関わりたい!
CHECK!!
入社2年6ヶ月
技術品質課へ配属!
技術的な事ができる。毎日勉強+刺激を受けている
CHECK!!

技術員として、プロになる

川尻 源一郎の社員インタビューを見る!
川尻写真

簡単な夢はない。信じた道を、自分の足で

アステックに入社してよかったと思った点を教えてください。
入社してよかったと思える点は2つあります。
1つ目は成長したいと思える環境があることです。人はどうしても周りの環境に左右されます。アステックは成長意欲の高い人が多く、身を置いていると自分自身も成長しようとやる気になることが多いです。
2つ目は若手の時から任される仕事が多く、全て自分次第というところです。
社内の風通しがよく、自身の頑張りを評価してくれる環境がアステックには整っているので、会社内での評価も成長速度も自分次第で大きく変わっていきます。
ぶっちゃけ配属先は希望部署でしたか?
正直に言うと希望部署ではありませんでした。思い悩んだ時期もありましたが、それでも頑張れたのは、上司の皆さんにすごく恵まれ、“この人たちと一緒に仕事がしたい”と思ったからです。特に印象的だったのは、相談事に親身になって乗って下さり、自分の未来を一緒に考えてくれたことです。この方々に出会えなかったらすでに辞めていたと思います。誰と働くかが重要なことだと実感しました。
また、希望部署に近づくために、やりたい仕事を会社に対してずっと言い続けています。もちろん口で言うだけではなく、行動が伴わないといけないので、任された仕事は全力でやることを心掛けています。その上で、業務とは別に勉強をしたり、資格を取ったりしています。結果として今では、やりたい仕事にかなり近づくことが出来ました。頑張りを反映してくれる会社なのでやる気につながっています。
最後に今後の夢を教えてください
自分の手で新しい物を作り出したいとずっと思っています。アステックは今後、総合化学メーカーを目指していますし、そうしていきたいと自分自身でも思っています。そのために知識を蓄え、経験を積んで、塗料に限らず総合化学メーカーへの足掛かりになるようものを開発し、利益を生み出したいです。
私は単純に化学が好きです。そして、アステックの人が好きです。だからアステックの中で製品開発をすることが夢です。今後も夢に向かって努力していきます。
インタビューを閉じる

FC本部東京事業所

入社:2014

出身大学:宮崎産業経営大学法学部法律学科

大籠 祐太

写真

キャリア紹介

2014年4月1日
入社、商品部東京事業所配属
2015年7月
2等級へ昇格
2017年2月
3等級へ昇格
2017年7月
FC本部東京事業所に異動
2019年1月
FC本部東京事業所副所長に昇進

人生年表

CHECK!!
入社
新社会人として期待に満ちていた!
50日間研修で取り組んだグループ課題で
協力しながら仕事を進めていく難しさと楽しさを実感!
CHECK!!
入社1年6ヶ月
担当を持ち始め業務に追われる日々。
毎日の充実感はあるものの力不足を実感
CHECK!!
入社4年6ヶ月
目標達成ができるようになり
またお客様に信頼されるように!
また、部署が変わりチームとして共通の目標を追い、
達成に向けて頑張る日々に充実感
CHECK!!
未来
昇格してもっと多くの人と仕事ができるようになる。
より多くの成果を生み出せる人財になる
大籠 祐太の社員インタビューを見る!
大籠写真

リーダーとしてチームを支える。
圧倒的人望の持ち主。

現在、関東地域のエリアリーダーを務める大籠さんですが、チームリーダーとして気をつけていることはどんなことですか?
「いかにチームのメンバーが働きやすい環境を作って、いかに一緒に汗をかいて仕事をして成果をだすのか」というところを意識してやっています。メンバーと信頼関係を深めることがチームの成長や会社を発展させるために必要不可欠だと考えています。そのため、よく一緒に加盟店様に訪問しますね。訪問では「売上を達成させるためにはどうしたらいいか」メンバーと一緒に考え、実行する方法まで考えるようにしています。また、締切のお知らせなど、細かいこともメンバーと一緒に確認することもチームリーダーとして大事な役目だと思っています。
配属先は希望通りでしたか?
元々大学で法律関係を学んでいたので少しでも活かせればと思い、総務部を希望していましたが入社時は商品部配属でした。
今でも総務部を希望ですか?
総務部希望ですが、人生全体を考えた時に、モノを売るプロセスや関係性作り、お金の流れや人を雇うまでの流れや財務改善など、商品部やFC本部で学べたことは非常に有意義でした。一部分だけを考えるのではなく、会社全体の事を考えることが自分のやりたいことを存分にやるために必要だと思いますので、今までのキャリアを歩めたことはむしろありがたかったです。
アステックを受けようと考える就活生に送るメッセージを教えてください!
アステックはどの社員も常に成長し続けるためにはどうしたらいいんだろう?という考えを持って積極的に仕事を行っています。しかし、成長をし続けるということは簡単ではありません。「去年できるようになったことは、今年は当たり前のようにできるようにならなければならない」という側面もあるので毎年毎年自分を越えることは苦労します。ただそういった環境に置かれてでも「絶対に成長してやる!」という気持ちで頑張れる人はアステックの社風に合っているかもしれません。またアステックは、直属の上司だけではなく全社員で新入社員を支えよう!フォローしよう!という気持ちや体制がすごく充実しています。なので、少しでも気になったらまずは会社説明会を受け、会社や社員の雰囲気や会社の雰囲気を見に来てください!
インタビューを閉じる