窯業系サイディング ceramic siding

窯業系サイディングとは?

窯業系サイディングは、基材のセメントと繊維質材料を高温・高圧で成形した板状の外壁材で、日本の住宅の約80%に使用されています。硬質で密度が高いため、耐震性や耐火性、断熱性、遮音性に優れています。

見られる劣化症状

  • ひび割れ
  • 変形(反り、膨張)
  • 塗膜の剥離
  • 塗膜の変退色
  • 汚れ(錆汁・カビ・藻・粉塵・排気ガス)
  • 目地のひび割れ

注意点

一般的に窯業系サイディングの寿命は30~40年と言われていますが、表面の塗装は7~10年で劣化しはじめます。そのため、変形や割れの原因となる雨水の浸入を防ぐには定期的なメンテナンスが必要です。

窯業系サイディング対応製品はこちら

その他の素材を見る

+ その他の素材を見る

塗料の種類・選び方

+ 塗料の種類・選び方