遮熱事例 thermal-barrie Case

《 高い遮熱性を有するアステックの遮熱塗料 》

アステックペイントの遮熱塗料は、現在、全国1000社以上もの施工店様にお取り扱いいただき、「2018年 遮熱塗料メーカーシェア※」では日本ペイントに次いで第2位を獲得しました。
※塗料専門新聞「ペイント&コーティングジャーナル(2019年3月21日発行)」より

2018年遮熱塗料メーカーシェア

《 戸建て 》

CASE
STUDY
1
福岡県A様邸塗料:スーパーシャネツサーモシリーズ
  • 施工箇所:屋根
  • 色:9112 エバーグリーン
  • 施工日:2016年6月29日
  • 外気温:29℃
TR-52

使用温度計:TR-52

実際の屋根

実際の屋根

サーモグラフィー画像

サーモグラフィー画像

温度比較

温度比較

15.7の温度差が見られました!

《 アパート・マンション 》

CASE
STUDY
1
福岡県A様塗料:超低汚染リファインシリーズ
  • 施工箇所:外壁(モルタル)
  • 施工日:2019年5月29日
  • 外気温:23℃

【施工前】

実際の外壁

実際の外壁

サーモグラフィー画像

サーモグラフィー画像

温度測定

温度測定

【施工後】

実際の外壁

実際の外壁

サーモグラフィー画像

サーモグラフィー画像

温度測定

温度測定

9.0の温度低下が見られました!

《 工場 》

CASE
STUDY
1
茨城県A社様塗料:超低汚染リファイン500Si-IR
  • 屋根材:折板屋根
  • 塗装面積:約2,000㎡
  • 施工:2018年6~7月
TR-52

使用温度計:TR-52

超低汚染リファイン500Si-IR塗装前と塗装後の屋根の温度変化を測定しました。

塗装前
塗装後

温度記録計による屋根の温度変化(2018年6月25日~7月13日)

温度記録計による屋根の温度変化
試験結果 超低汚染リファイン500Si-IR(白)
屋根裏面温度 天井裏温度 外気温
塗装前 66.6℃ 45.1℃ 34.0℃
塗装後 46.5℃ 37.1℃ 34.3℃
温度判定のポイント
屋根裏面温度20.1低下! 天井裏温度8.0低下!
CASE
STUDY
2
三重県A社 様塗料:超低汚染リファイン500Si-IR
  • 屋根材:折板屋根
  • 施工:2018年9月
TR-52

使用温度計:TR-52

超低汚染リファイン500Si-IR塗装面と未塗装面それぞれの屋根表面、室内に温度記録計を設置し、1日の温度変化を測定しました。

塗装面・未塗装面

温度記録計による屋根の温度変化(2018年9月19日9:30〜15:30)

温度記録計による屋根の温度変化(2018年9月19日9:30〜15:30)
試験結果 超低汚染リファイン500Si-IR(白)12:30に測定
屋根表面温度 室内温度
未塗装面 54.7℃ 40.5℃
塗装面 39.1℃ 33.6℃

※外気温:平均22.5℃(気象庁の過去の天気より引用)

屋根表面温度15.6低下!室内温度6.9低下!
CASE
STUDY
3
島根県K社 様塗料:超低汚染リファイン500Si-IR
  • 屋根材:折板屋根
  • 施工:2018年6月
TR-52

使用温度計:TR-52

超低汚染リファイン500Si-IRと他社遮熱塗料を塗った面にそれぞれ温度記録計を設置し、1日の温度変化を測定しました。

他社遮熱塗料塗装面・超低汚染リファイン塗装面

温度記録計による屋根の温度変化(2018年8月23日9:00〜18:00)

温度記録計による屋根の温度変化(2018年8月23日9:00〜18:00)
試験結果 超低汚染リファイン500Si-IR(白)13:00に測定
未塗装面温度 屋根表面温度 屋根裏面温度 外気温
超低汚染
リファイン
58.7℃ 40.1℃ 34.0℃ 36.8℃
他社
遮熱塗料
42.4℃ 34.5℃
温度測定のポイント
屋根表面温度 最大18.6低下!裏面温度は、塗装後の表面温度より6.1低下!
CASE
STUDY
4
島根県K社 様塗料:超低汚染リファイン500Si-IR
  • 屋根材:折板屋根
  • 施工:2018年6月
TR-52

使用温度計:TR-52

超低汚染リファイン500Si-IR塗装面と未塗装面それぞれの屋根表面、屋根裏面をサーモグラフィーで撮影。
また、温度記録計を設置し、1日の温度変化を測定しました。

【実際の屋根】

【屋根表面】

サーモグラフィーによる塗装面と未塗装面の温度比較
撮影日:2018年8月7日 平均27.5℃(気象庁の過去の天気より引用)

【実際の屋根】

屋根表面

【屋根表面】

屋根裏面

温度記録計による屋根の温度変化(2018年8月23日9:00~19:00)

温度記録計による屋根の温度変化(2018年8月23日9:00~19:00)
試験結果 超低汚染リファイン500Si-IR(白)13:00に測定
屋根表面温度 室内温度 外気温
未塗装面 53.9℃ 36.3℃ 34.3℃
塗装面 37.6℃ 34.3℃
温度測定のポイント
屋根表面温度16.3低下!室内温度2.0低下!

※塗装面下の室内温度は外気温と同じ温度です。

CASE
STUDY
5
鳥取県K社 様塗料:超低汚染リファイン500Si-IR
  • 屋根材:折板屋根
  • 施工:2018年4~5月

使用温度計:TR-52

超低汚染リファイン500Si-IR塗装面と未塗装面をサーモグラフィーで撮影。

超低汚染リファイン500Si-IR塗装面と未塗装面をサーモグラフィーで撮影
未塗装面と塗装面で大きな温度差が見られました!
CASE
STUDY
6
福岡県 アステックペイント
第一工場塗料:超低汚染リファイン500Si-IR
  • 屋根材:折板屋根
  • 塗装面積:約500㎡
  • 施工:2015年5月
TR-52

使用温度計:TR-52

一般的な遮熱塗料は付着した汚れが熱を吸収するため、徐々に遮熱効果が低下するのに対し、超低汚染リファイン500Si-IRは汚れにくいため遮熱効果を長期にわたって発揮します。
今回、塗装前と塗装3年経過後の温度変化・明度変化を測定し、サーモグラフィの撮影を実施しました。

工場超低汚染リファイン500Si-IRを工場屋根に塗装し20ヶ月が経過しても、日射反射率保持率89%(白)屋根

屋外暴露の試験施工(期間:2015年10月から20ヶ月)

超低汚染リファイン500Si-IRを工場屋根に塗装し20ヶ月が経過しても、日射反射率保持率89%(白)、97%(N6)が確認されました。
交通量の多い厳しい環境であっても、JIS規格の日射反射率保持率80%以上を有し、遮熱保持性を実現しています。

日射反射率保持率の変化
工場は片側2車線の交通量の多い場所にあります。

▲工場は片側2車線の交通量の多い場所にあります。

屋根表面の温度変化(塗装前と3年経過後の比較)

塗装前
(2015年5月22日 14:00頃)
3年経過後
(2018年9月6日 14:00頃)
外気温※ 25.6℃ 28.6℃
表面温度 52.4℃ 31.2℃

※気象庁の過去の天気を引用(博多)

外気温が3.0上昇しても、塗装前より21.2低下!

サーモグラフィーによる塗装直後と3年経過後の温度比較

3年経過後の折板屋根の谷部に若干の汚れの付着(簡単に拭き取れる程度)が見られる以外は顕著な劣化は確認されず、また、塗装直後の塗膜と比べて表面温度・明度にもほとんど差はなく、経年後も遮熱性能が維持されていることを確認いたしました。
【測定器】サーモグラフィーカメラ、色差計 【外気温】34.5℃

塗装直後(塗装1ヶ月以内)

塗装直後(塗装1ヶ月以内)

実際の屋根

3年経過後

サーモグラフィー画像

3年経過後

塗装直後(塗装1ヶ月以内)サーモグラフィー

実際の屋根

3年経過後サーモグラフィー

サーモグラフィー画像

表面温度・明度測定 結果

塗装直後 3年経過後
表面温度 41.5℃ 41.0℃
明度 97.4℃ 96.9℃
3年経過後も光沢を維持!
3年経過後も、塗装直後と比較して表面温度・明度ともに大きな変化なし!

工場屋根用塗料 製品ラインナップ